Tricot Diary

Illust & Kigurumi Diary

安田屋旅館に泊まって、沼津・三津浜を散策してきました

4月15日()〜16日()、沼津・三津浜の安田屋旅館さんに宿泊して、沼津・三津浜を散策してきました。

昨年秋の沼津行き同様に、新神戸6:36発ののぞみ104号→名古屋乗換三島9:45着のこだま634号で三島駅から東海道線で沼津に到着するプランを。
新神戸駅のコンコースでお土産物を探していると、淡路屋の駅弁に気になるものが。
「大阪環状線弁当」なるお弁当で、串カツ・たこ焼き・立ち呑み・焼肉をこの一箱で楽しめる駅弁とのこと。

つじ写真館さんにお伺いして、ミニフォトコンテストの応募作品を見せていただきました。
みなさん力作……写真の腕もそうなんだけれども、あとは狙った構図で気に入った写真を撮る為の根気ですよねぇ。現場100回、じゃないけれども、天候・周辺環境とか刻々変わるものだから、構想したら足繁くロケ地に通ってベストタイミングを探すしかないのかな。
今の神戸住まいだと沼津の風景で気に入った写真を撮るの、なかなか厳しそう。

つじさんでミニフォトコンテストの入賞・応募作品を見た後は、上土商店街のグランマさんに。
こちらも、前々から気になっていた「堕天使のショコラ」をいただきました。
オレンジジュースは、グラスに入っている氷までオレンジなので、ゆっくり溶かしながら飲みつつ、最後は少し小さくなった氷を口に入れて、舌の上で転がすようにしていただきます。

丸勘さんは曜ちゃんバースデー仕様に。
今日はあじの干物定食と真えびの唐揚げをいただきました。

相変わらず賑やかなJAなんすんさん。

今回の宿泊予定者が揃ったところで、沼津市街から三津浜を経て長井崎に移動。
初めての方もいらっしゃったので、浦の星女学院のモデルであるところの長井崎中学校を敷地外から見学させていただきました。
長居する場所ではないので、すぐに坂道を降りて、しばしバス停附近で内浦を眺めておりました。

17時すぎに安田屋旅館さんに到着。
日帰り入浴では何度かお伺いしているのですが、今回初めての宿泊です。

お夕飯。

お夕飯が済んで、お風呂までの間に、少し三津浜に出てみました。

お風呂を上がった後は、玄関先のロビーでのんびり。
本編にも出てきたラウンジは、土曜日夜は「ラブライバー交流会」としてドリンク代2,000円でカラオケ歌い放題にて開放されているとのこと。
あっ、千歌ちゃん達連れて行けば良かったかしら?

お休み前に、ルビィちゃんと曜ちゃん登場!
浴衣姿ですよ!って千歌ちゃんは……

朝食です。味も良いですが器がお洒落。

松棟2階のお部屋からの眺め。三津浜・淡島が良く見え、富士山も望めます。

Thanx!:
saku(@saku0420rock)
Ortho(@OrthoYou)
くろなぎ(@kurosunagi)

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 Tricot Diary

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。